ジェネラスの働き方を知ってもらいながら
スムーズに業務に取り組んでもらえる教育プログラムを設けています。

新入社員研修の主な内容

企業理念の理解

ジェネラスを何故創業したのか会社設立の経緯から、理念までを学びます。

  • 安心を衛る(24時間365日安心できる生活のために)
  • 社会貢献(社会貢献の遂行を通して、安心して暮らせる地域社会づくりを)

就業規則・社内制度の説明

ジェネラスで一緒に働く皆さまに会社のルールや各種制度について学んでいただきます。働きやすさを実現するために各種制度を用意しています。理解を深め正しく規則を守り、制度を活用してください。

ICTの活用

利用者一人ひとりに応じた介護サービス等の提供にあたり、全社共通の「介護業務総合支援システム」を導入、計画書の作成から看護・リハ・介護サービスの記録情報入力・閲覧、利用料・介護給付等の請求までを一体的に管理・運用し、職員の事務作業の負担軽減に努めております。
また、職員間の連絡・コミュニケーションの促進を目的とした社内SNSツール「TUNAG(ツナグ)」を導入しました。

業界の現状と今後の社会保障・介護保険

私たちが行っている医療・介護・福祉事業について、日本の社会がどのような変化をし、社会・地域から何を求められているかを学びます。理解を深めた上でジェネラスが行っている事業の概要について学びます。

ISO認証

ジェネラスでは、一部の事業所においてISO9001を取得・適用しております。これはご利用者様へ安定した質の高いサービス提供や業務の改善・効率化、会社全体の想い・理念の統一、法令遵守など、サービス力向上のために活用しています。

コンプライアンス(法令遵守)の意識を高める

社員の皆さんが、仕事上で困った事が起きたときに、隠さずに話がしやすい職場環境を作ることを目的にコンプライアンス研修を行います。これは法令を守ることにつながり、結果としてお客様を守り・社員を守ることにつながります。

行動指針ポケットブック

行動指針ポケットブック

ジェネラスでは、全スタッフが共通の行動指針ポケットブックを携帯します。
これは、社員の皆さんが普段の生活の中で、大切にして欲しい判断基準がまとめられています。「信じぬこう。目の前に生きる力を。」を行動理念に、利用者の皆さまの生きる力を引き出すための行動指針となっています。