よくあるご質問 株式会社ジェネラスのサービスについてよくあるご質問をまとめました。

訪問看護Q&A

介護保険を受ける条件とはなんですか?

65歳以上は無条件で申請可能です。40歳以上65歳未満は特定疾患(ガン・リウマチ・パーキンソンなど)の方のみ申請可能です。自らが日常的に介護が必要になってしまったり、介護が必要な家族を抱える人々というのは肉体的にも精神的にも大きな負担を背負っています。そんな人々の負担を軽減するために導入されたのが「介護保険制度」です。

どこに訪問看護に来てくれるのですか?

基本的には、介護保険の被保険者のお宅にうかがいます。ケアマネージャーが訪問看護が必要と判断した時におうかがいします。介護保険以外でも、特定の病気をお持ちの方は主治医の指示のもとにおうかがいすることができるので、一度主治医の先生にご相談下さい。

訪問看護とヘルパーの違いは?

ヘルパーは、主に身体介護(清潔援助や散歩など)と家事援助(掃除、食事作りなど)がありますが、訪問看護は基本的にその人の体に関するすべてのことに対応します。又、医療的知識のもとに処置や相談にのることもできます。

医療的なことはどれくらいできるのですか?

傷の処置や床ずれの処置、又、主治医の指示があれば、点滴や注射、胃ろう、尿バルン、鼻チューブ、人工呼吸器など、さまざまな事に対応します。一度ご相談下さい。

どうしたら家に訪問看護に来てくれるのですか?

介護保険の認定を受けられている方は、ケアマネージャーにご相談下さい。又、それ以外の方は主治医の先生や当事業所にお問い合わせ下さい。

訪問リハビリQ&A

訪問リハビリって何をするの?

利用者様が現在どの程度体が動くのか、日常生活がどれくらい可能なのかを専門スタッフがご自宅を訪問して評価します。その上で機能の回復やより自立した日常生活がおくれる様な生活リハビリを行います。身の回りの動作の自立、趣味や生きがいを見つけること、ご家族様の介護方法の指導なども行います。

誰が来るの?

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が伺います。
理学療法士はストレッチ・筋力強化など基本的な運動や起き上がりなどの基本動作や歩行練習の実施や指導を専門とし、作業療法士は食事動作・更衣動作・入浴動作などの日常生活動作の助言や自助具の工夫を専門とし、言語聴覚士は様々な言語障害や嚥下障害への対応を専門としています。しかし在宅のリハビリでは各々の分野にとらわれることなく利用者様のニーズに応じたリハビリを行っています。

どんな人が訪問リハビリを受けるの?

病院入院中にリハビリを行い退院したけれどまだ運動機能に自信がなく日常生活動作が十分に自立できていない方や、病院でリハビリを受けられず退院後の生活が上手く行なえず困っている方などです。また、在宅で生活を送っている方で、今までより足の運びが悪くなった、動きにくくなった、しゃべりにくくなった、ご飯が食べにくくなった、などへの方たちが訪問リハビリを受けます。

病院のリハビリと併用できるの?

外来でのリハビリと在宅でのリハビリと併用できます。

訪問リハビリの費用はいくらかかるの?

介護保険でのご利用は20分の訪問で302単位、40分の訪問で604単位、60分の訪問で816単位など1週間に120分の訪問が可能です。
介護保険のご利用者負担額は負担割合証により1割もしくは2割となります。
例えば名古屋市では、1割で20分334円、40分668円、60分902円の負担になります。
2割で20分668円、40分1335円、60分1804円の負担になります。
その他加算につきましては、ケアマネージャーにご確認ください。
また地域によっては交通費がかかります。
医療保険でのご利用の場合や交通費については当社へお電話にてお問い合わせください。

通所介護(デイサービス)Q&A

デイサービスのサービス内容は?

入浴、食事、レクリエーション、機能訓練などがあります。日中を過ごしていただき、屋外活動や季節の行事なども行います。また、送迎を希望されれば送迎サービスも行います。

どの地域からでもサービスを受けることができますか?

事業所ごとにサービス提供地域を設定していますが、サービス提供地域以外の方でもご利用は出来ます。
(ただし、場所によっては送迎サービスを受けれないことがあります 。)

自宅から出ることが難しいのですが、どうすればよいですか?

一人で歩くことができなくてもスタッフがサポートしますのでご安心ください。
また、車椅子のご利用者の方でもリフト付き送迎車で送迎しますので、安心してご利用いただけます。

歯が弱く硬いものが食べれないし、食事制限があるのですが?食事はどうなりますか?

食事のメニューはご利用者の状況に合わせて調理したものを提供いたします。(キザミ食、ミキサー食など)
また、食事制限など治療食にも柔軟に対応いたします。

急に具合が悪くなった時はどうなりますか?

医療機関への対応、ご家族への連絡など速やかに対応します。また、来所時には看護師が血圧、脈拍、体温など測定してチェックしますのでご安心してご利用いただけます。

機能訓練はどのようなものですか?

日常生活の動作を維持・向上できるように必要な機能訓練を行います。個別に理学療法士や作業療法士かかわる機能訓練やアクティビティ・レクリエーション・集団体操などで楽しみながの機能訓練があります。

居宅支援Q&A

介護保険を受ける条件とはなんですか?

65歳以上は無条件で申請可能です。40歳以上65歳未満は特定疾患(ガン・リウマチ・パーキンソンなど)の方のみ申請可能です。自らが日常的に介護が必要になってしまったり、介護が必要な家族を抱える人々というのは肉体的にも精神的にも大きな負担を背負っています。そんな人々の負担を軽減するために導入されたのが「介護保険制度」です。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とはなんですか?

ケアマネージャーとは、介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人から相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる者です。略称、ケアマネは保健師・看護師・理学療法士・社会福祉士などの資格保持者や、保健・医療・福祉関連の現場で一定期間の実地経験を受け試験に合格した介護保険の専門家です。
利用者の心身の状態や家族などの状況を把握してケアプラン(介護サービス計画)を作成したり、市町村主治医・事業者と利用者との間に立って必要な連絡調整を中立・公正な立場でプランニングする、まさに介護保険の要といえる存在です。

ケアプラン(介護サービス計画)とはなんですか?

介護サービスを受ける要介護者が、介護サービスを適切に利用できるように、サービスの種類・内容などを定めた計画の事です。
手続は、要介護認定等を受けたら、まずケアプランを作成する専門の事業者である居宅介護支援事業所を選んでケアプランの
作成を依頼します。次にその事業所に所属するケアマネが家庭を訪問し、利用者や家族との相談の上、利用者の心身や
家族などの状況を勘案し、どういうサービスをどれくらい利用するか決めていきます。例えば、訪問介護(ホームヘルプサービス)、
通所介護(デイサービス)や短期入所生活介護(ショートスティ)などの利用回数、あるいは実際に利用できる施設や事業者などが
盛り込まれている計画書の事です。

ケアプラン(介護サービス計画)を作成してもらう時にも費用がかかるのですか?

ケアプラン(介護サービス計画)の作成費用については、全額介護保険から給付される為、利用者負担はありません。

要介護・要支援の申請をする時に必要なものは何ですか?

介護保険被保険者証を持参してお住まいの区の区役所介護福祉課へ要介護認定等の申請をして下さい。
尚、第2号被保険者(40歳以上65歳未満)の方は、現在加入している健康保険証をご持参下さい。
尚、ケアマネ等が代行できる事になっていますのでご相談下さい。

要介護2と認定されましたが、風邪をひいて寝込んでからは、ほとんど寝たきりのようになってしまいました。 要介護度の認定をやり直してもらうことはできますか?

要介護認定等は、原則として6ヶ月ごとに見直すことになっていますが、期間内であっても心身の状態が変わった場合、
区分変更の申請をし、再度認定を行なうことができます。要介護者等について、ケアマネが毎月訪問し、
利用者の状況を把握し現状のサービスが適切であるかなど、区分変更の必要性を検討し手続の代行をします。
区分変更をする事で要介護度が上がると(例えば介護2→3)利用できるサービスの内容を広げる事が可能となってきます。